try! Swift Tokyo 2018に学生支援プログラムを利用して参加しました!

3/1(木)〜3/2(金)の2日間、ベルサール新宿グランドで開催されたtry! Swift Tokyo 2018に参加してきたので、そのまとめ記事になります! (3/3(土)のピアラボ/ワークショップは都合で参加できませんでした... 😢)

学生支援プログラムについて

try! Swift Tokyo 2018では、PicApp、MAMORIO、mercari、nanaの4社(敬称略)が学生スポンサーとして協力されていて、学生支援プログラムという形で告知がありました。

選考があるものと先着のものがあって、
選考の方は、名前や大学名などのプロフィールとGitHubのアカウントとかコントリビュートしてるOSSとか記載する欄があったような気がします(うろ覚え)

今回自分も学生支援プログラムで参加させていただいたのですが、
try! Swift当日に、学生スポンサーの企業の方に、学生支援プログラムで参加している学生が何人いるか聞いてみたら、20人近く採択されていたみたいです。(すごい)

try! Swift とは

Swift におけるベストプラクティス、アプリ開発、サーバーサイド Swift、オープンソース Swift、そして Swift のコミュニティなど、プログラミング言語 Swift に関するコミュニティ主催のカンファレンスです。 (https://www.tryswift.co/events/2018/tokyo/jp/#)

今年は3月1日、2日にエキスパートによるトーク、3日にピアラボ(もくもく会)、ワークショップが行われました。

Registration & Opening

f:id:n_atmark:20180313152235j:plain

会場に着くと、Eventbriteのチケットを提示して受付をしてもらい、ネームプレートやノベルティを受け取りました。 IMGP0968

リコが描かれたネームプレートには、自分の名前とTwitterのアカウントも記載されてます!
これだけでワクワクしてきますね 🤗 f:id:n_atmark:20180313152608j:plain

自分は去年のtry! Swiftには参加できなかったのですが、去年のネームプレートと今年のネームプレートを並べると、
デザインが繋がってるらしいです!

Session

Day1 Session

1日目は以下のセッションを聞きました! 題名だけ載せてますが、 @kodai_ozawa さんがQiitaに詳しくまとめてくださっているので、そちらを見てみてください! qiita.com

  • 裏 Swift Tour
  • SIL入門(LT)
  • Clang モジュールの探検
  • レスポンダチェーンを知ろう
  • 関心の分離と単純化のためのSwiftコードの最適化
  • コーダーがデザインすべきなのか
  • Event driven networking for Swift
  • 変性のダイヤモンド(LT)
  • SwiftyPi
  • 我が家を支えるSwiftの技術(LT)
  • UI Test の楽しさとメリット
  • ブロックチェーンのクライアントをSwiftで実装する
  • Protocol Oriented WebAPI Abstraction(LT)
  • 👾
  • AST メタプログラミング

どのセッションも興味深かったのですが、個人的に印象的だったのが下記のセッションで、

@katecastellanoさんの「SwiftyPi」では、Raspberry Pi上でSwiftの実行環境を作り、GPIOの制御からKituraを使ってサーバを立てるところまで行なっていました。 少し前に、ArduinoiPadを連携してピタゴラ装置を作ろうとしていて(http://natmark.hateblo.jp/entry/2017/12/13/121426) 、セッションを聞いて近いうちにラズパイ買おうと思いました(笑)

また、@normanmaurerさんの「Event driven networking for Swift」では、
イベント駆動のアプリケーションフレームワークであるNettyのSwift用フレームワークであるSwiftNIOが公開されて、盛り上がってました!

@giginet さんの「👾」では、SpriteKit用のReactive ExtensionとしてRxSpriteKitが公開されました。イベント処理やフレームに対しての処理が簡単に書けるようになるので、 SpriteKitとRxは相性良さそうな印象でした!

@k_katsumiさんの「AST メタプログラミング」では、SwiftPowerAssertSwiftfmtの例を挙げて説明されていて、すぐ試せるPlaygroundがそれぞれ用意されていたので(swiftfmt-playgroundswift-power-assert-playground)、触りながらセッション聞けたのが楽しかったです!ASTの世界に興味を持てました!

Day2 Session

2日目は以下のセッションを聞きました!

  • Expression Problem を解決する
  • Swift もくもく会 in Barcelona(LT)
  • Swift によるアルゴリズムの可視化
  • Kitura で Codable ルーティング
  • 超解像+CoreML+Swiftを使ってアプリの画像データ転送量削減に挑戦する(LT)
  • iOSでCharlesを導入する
  • 拡張現実における体験設計
  • Swift エンジニアのための Kotlin 入門
  • Swift5のOwnershipに備える(LT)
  • デジタル信号処理 in Swift
  • Codableが導く型安全な世界(LT)
  • iOS / Swift における対話型インターフェースの作成
  • UIImageView vs Metal
  • Swiftが動くDockerコンテナの各OSの性能比較(LT)
  • 型とパフォーマンスで見るType-erasureの利点(LT)
  • Make faces big by Vision and CoreGraphics
  • 開発者ツールと経験への時間投資

@bkase_さんの「Expression Problem を解決する」では、View階層の表現を複数プラットフォームで利用するために、enumKitやprotocolを用いて手法を提示されていて、興味深かったです!

@avonさんの「iOSでCharlesを導入する」では、ネットワークデバッギングがiOS端末上で行え、キャリア通信もキャプチャ可能なiOS用Charlesが発表されて盛り上がりました。NetworkExtensionFrameworkを用いて、VPNコネクションを作成して実現してるとのことでした。NetworkExtension触ったことがなかったので、この話も興味深かったです!

@merowing_さんの「開発者ツールと経験への時間投資」では、コードインジェクションによってリコンパイルの時間短縮を行なったり、Sourceryの話がありました。
セッションを聞いただけだと、Sourceryが何をしてくれるのか実はいまいちよく分かってなかったのですが、try! Swiftが終わってからthe-magic-of-sourceryを読んで、ボイラープレートコードがどんなものを指していて、どのようにすればボイラープレートコードを書かなくて済むようになるか理解することができました。

Ask the Speaker

DSC01963

各セッションが終わった後に、スピーカーの方と話せるAsk the speakerも設けられてました!

@subdigitalさんの「Swiftによるアルゴリズムの可視化」を聞いて、アルゴリズムの可視化に対して、
自分の作っているProcessingKitで実現できるシンプルな描画APIの組み合わせがプログラミング教育の面役立ちそうだったので、僕もAsk the speakerの機会を使って、拙い英語ながらBenさんと会話させてもらいました!

Breaktime

休憩時間は企業ブースが盛り上がってました! f:id:n_atmark:20180314012747j:plain f:id:n_atmark:20180314012737j:plain

ノベルティを指差して "Can I get this one? " と言ってみると、FirebaseのTシャツやIBMの薄い本など、いろいろなノベルティがもらえました! f:id:n_atmark:20180314012845j:plain f:id:n_atmark:20180314012901j:plain

コーヒも振舞われたり、

IMGP2483

バリスタコーナーも設置されていました。 (バリスタコーナーは長蛇の列で自分は飲めませんでした...😭)

IMGP2736

写真撮影ができるようなパネルも設置されてました! IMGP1571

Magic show

休憩の後にマジックショーもありました!🎩

IMGP2617

japanese/english lesson

海外の方と交流を促すために、すぐに使える(?)日本語/英語 講座もありました!

Do you use Swift in your job? / 仕事でスゥイフトを使っていますか? f:id:n_atmark:20180314014853j:plain

No, I write everything directly in assembly / いいえ、直接アセンブリ言語で書いています。 f:id:n_atmark:20180314014910j:plain

try! Assembly Conference...? 🤔

Launch 🍽

お昼ご飯は8種類のお弁当の中から、好きなものを選んで食べる形式でした! DSC02594

自分はもみじ弁当(Momiji)にしました🍱

2日間共お弁当が振舞われたのですが、2日目は学生スポンサーのPicApp様にランチに連れていってもらいました! f:id:n_atmark:20180314015805j:plain f:id:n_atmark:20180314015809j:plain 学生支援プログラムで来ている学生全員とは交流できなかったものの、こういう機会もセッティングしていただけて良かったです!

Closing

Closingでは、けん玉師の伊藤佑介さんによるけん玉パフォーマンスがありました。

DSC04971

日本っぽさがあって、次々と繰り広げられる技に魅了されました!

After party

アフターパーティーでは、料理やお酒が振舞われました!

料理が木箱に入ってて、すごくおしゃれでした...! f:id:n_atmark:20180314020850j:plain f:id:n_atmark:20180314020915j:plain

サングリアも瓶に入っていて、インスタ映えな感じでした!🍹 f:id:n_atmark:20180314021011j:plain

リコのケーキもありました!🎂 f:id:n_atmark:20180314021136j:plain

パフォーマーの方もたくさんいらっしゃって、

うさぎがいたり、 DSC05178

背が高い人がいたり、、! DSC05176

他にもいろいろなパフォーマーの方がいました!

さいごに

2日間通してすごく楽しかったです! ブログにもある通り、セッション以外のイベントが豊富で、お祭りのような雰囲気でした!

セッションを聞いて新しく学んだことも多く、いろいろ試してみたいです! (あと、英語もちゃんと話せるように勉強し直したい...!)

来年もtry! Swiftが楽しみ 😊

IMGP3863

拡張現実ピタゴラ装置(intangibleな部分)をiPadで表現する

この記事は FUN Advent Calendar の13日目の記事です

adventar.org

昨日は @_manohito でした。

自己紹介

  • あつや / @n_atmark
  • 知能システムコース 3年
  • Swiftが好き
  • 今年は某未来携帯プロジェクトのプロジェクトリーダーをやってます
  • システムソフトウェア研配属になりました

拡張現実ピタゴラ装置 とは

まずピタゴラ装置に関してですが、NHK教育で放送されている ピタゴラスイッチ をご存知の方は多いのではないでしょうか?

ピタゴラ装置こと、ルーブ・ゴールドバーグ・マシン(Rube Goldberg Machine)という、いくつもの仕掛けを連鎖的に作動させ、最終的に何らかの作業を実行する物を指します。
youtu.be

公立はこだて未来大学では、1年次の必修科目「情報表現基礎1」でこちらのピタゴラ装置を作成します。

しかし、ただのピタゴラ装置ではなく 拡張現実 ピタゴラ装置という名前にもあるように、 コンピュータプログラムや電子工作を用いて現実と非現実の境界があいまいになるような作品制作を行います。

講義のページはこちら: 拡張現実ピタゴラ装置 - 迎山和司研究室

www.youtube.com

大学の講義では、PC上でProcessingを用いてintangible(無形)の部分を表現しているのですが、 今回はその部分をiPadで動かそうと思います。

環境

  • Xcode (>= 8.3)
  • Swift 3.x ※ 使用ライブラリがSwift4に対応していないため
  • iPad (>= iOS 10.0)

今回使う技術

  • Swift
    • iPad上でアプリを動かしたいので,Swiftを用います
  • ProcessingKit
    • Processingライクな構文を用いて、iOS上でビジュアル表現ができるライブラリ
  • simple-tween
    • アニメーションの中間フレームを補うためのライブラリ

作ったもの

おそらく先に作ったものを見た方が早いですね。 youtu.be

github.com

現実世界のボールがiPadの裏に入るのと同時に、画面上でアニメーションが再生され、 アニメーション上のボールが画面外に出るタイミングで、実世界のボールが画面外に転がるようになっています。

手順

1. Carthage経由でライブラリをダウンロード

github "natmark/ProcessingKit" ~> 0.4.0
github "natmark/simple-tween" ~> 0.0.1

Carthageの使い方については、こちらが詳しいと思います qiita.com

2. ProcessingViewを継承したPitagoraViewを作成

gist.github.com

3. それぞれのSceneの中身を記載

gist.github.com

PitagoraViewを拡張する形で各シーンの中身を書いています。 simple-tweenによって各シーンの実行時間を管理しており、tween.positionの値が0.0から1.0まで変化したときに 次のシーンを再生するようになっています。

今回はこのtween.positionの値を使ってアニメーションを行うために、lerpという関数を用意しました。 Linear Interpolate (線形補間)の略で、minとmaxを指定すると、tween.positionの割合に応じて値を返してくれます。 gist.github.com

本当にやりたかったこと

当初tangibleとintangibleのつなぎこみの部分(センサーを使ったボールの判定・サーボモータを使ったボールの送出)をArduinoと接続してやろうと思ったのですが、時間が全然取れなくてintangible部分しかできませんでした...

手を動かす前にArduino側のUSB Type-AオスとiPad側のLightning端子を繋ぐための、USB Type-Aメス⇄Lightningケーブルを手に入れることができませんでした...

ArduinoiPad間のシリアル通信自体はできそうなので、時間があればもう少し取り組んでみたいです...

www.youtube.com

終わりに

iPadを使うことで、タッチディスプレイをはじめとしたリッチな機能が使えるようになり、 しかもPCに比べ配置場所に融通が効くのでPCより向いてるんじゃないかな?
と考えて今回の記事を書きました。

せっかく良さげなライブラリもあったので...

今回の記事では、現実と非現実の境界の部分をあまり触れられませんでしたが、 Arduinoとの連携ができるようになれば表現の幅も広がりそうですね。

明日は@Zer0ypさんです!

mixi就業型インターン「Dive into mixi GROUP」に参加してきました!

f:id:n_atmark:20171106010916p:plain:w200

2017/9/4〜2017/9/22 の期間で、株式会社ミクシィの就業型インターン「Dive into mixi GROUP」に参加してきました!

Dive into mixi GROUPとは!

「Dive into mixi GROUP」では、世界累計4,000万人以上の利用者を誇る国内トップシェアのゲーム開発から、スタートアップフェーズのサービス、現在開発中の新規サービスまで、現場社員とともにサービス開発・業務体験ができます。 http://pr.mixi.co.jp/entry/2017/05/19/dive_into_mixi_GROUP

自分はこの「Dive into mixi GROUP」で、「YYC」アプリにiOSインターンとして3週間お世話になってきました!

YYC

www.yyc.co.jp YYCは株式会社Diverseが提供している日本最大級のマッチングサイトで、17周年を迎える老舗のオンラインマッチングサービスです。

今回、このYYCというサービスのiOSインターンさせていただきました。

実は現在YYC iOSアプリはストアに2バージョン上がってて、インターンの時はちょうどリニューアル中でした。 リニューアル版の方でインターンさせていただくことに!

やったこと

機能実装を通して、テスト周りを多く勉強させてもらいました! もともとインターン前の面談で、メンターとしてKuniwak さんがついてくださると聞いていて、 だったらテストについてとことんやりたい!と希望させてもらいました。

実際にTestableな設計だったり、テストケースの選び方だったり、UIテストのデザインパターンまで業務を通して教えてもらえました!

収穫したこと

テストをガンガン書かせてもらう中で、Testableな設計を学べたのはよかったです。Appleが提唱しているMVCSmalltalk MVCの違いも、インターンが終わってから理解できました。デバッギングに関しても、Instrumentsの使い方やLLDBについて講習会を開いていただき、大きなスキルアップができました!

実際に自分が作っているProcessingKitというライブラリでも、開発初期に動作が重くてメモリリークしてるんじゃないか?って思うことがあって、インターンの際に教えてもらったInstrumentsツールを使ってリーク箇所探し出せたので、すごく良い経験でした! github.com

インターン中のイベント

インターン期間中に、人事の方がいろいろイベントをセッティングしてくださいました! f:id:n_atmark:20171106160501j:plain

インターン生懇親会や、新入社員歓迎会、XFLAGスタジオの講演会、ランチ交流会などなど とにかくイベントが多くて、「朝きて仕事して帰るだけ」っていう日はほとんどなかった気がします!

また、週に1回他のインターン生と「今週やったこと・来週やること・週末の予定」を話し合うスクラムミーティングのような 時間がありました。
mixiのいろいろあるサービスの中で、他のサービスでインターンしている別の学生のことも知ることができて、なかなか面白かったです!

おまけ

f:id:n_atmark:20171106154645j:plain

開発環境がすごく快適でした...!椅子がメッチャタカイ椅子らしい...!
ディスプレイも何枚でも(?)借りれるそうです!

おまけ2

f:id:n_atmark:20171106154922j:plain f:id:n_atmark:20171106154913j:plain

パントリーも種類豊富で、コーヒーとか紅茶とかおこげスープとか無料で飲めるとのこと!

個人的に生姜のスープともずくスープがお気に入りでした。

おまけ3

f:id:n_atmark:20171106155158j:plain

オフィス内におしゃれなカフェもあって、格安で美味しいコーヒーが飲めるそうです...!
毎日通いたくなる☕️

さいごに

f:id:n_atmark:20171106155655j:plain f:id:n_atmark:20171106155706j:plain

最終日に終了証書いただきました...! こういうの嬉しい!

レッドリドラのぬいぐるみももらえました! インターン楽しかったです!ありがとうございました!

CyberAgent就業型インターン「エンジニアJOB」に参加してきました!

f:id:n_atmark:20171022011229p:plain

2017/8/7〜2017/9/1 の期間で、株式会社サイバーエージェントの就業型インターン「エンジニアJOB」に参加してきました!

僕の参加したエンジニアJOBは、メンターの元で「アドテク、ゲーム、メディア、インフラ、ラボ、スタートアップ等」 サイバーエージェントグループの様々な部署で実務に携われるインターンとなってます!

今回はこの「エンジニアJOB」インターンに参加して、「AWA」のサービスに携わらせていただきました!

AWA

f:id:n_atmark:20171022011736p:plainf:id:n_atmark:20171022011749p:plain

AWAは2015年5月にサービスを開始したサブスクリプション型の音楽配信サービスで、 世界最大規模の4,000万曲を配信しています。

iPhoneAndroid用にアプリがあり、CarPlayやAppleTVにも対応しています。

なぜAWAのプロダクトでインターン

f:id:n_atmark:20171022013711j:plain

僕の趣味の1つがライブ参戦で、普段からYoutubeなどで音楽を聞くことが多く、音楽配信系のアプリを何個か入れてます。
AWAもそのうちの1つで(さっき確認したら、2015年の6月から使っていたみたいです)、 UIの綺麗さだったりとかアニソン/ボカロが収録されてたりとか、(当時は)無料でフル尺が聞けたりとか 結構好きなアプリの1つでした。

実はSpotifyも招待コードが必要だった先行時期から触っていて、聞きたいアーティストによって両方使ったりしてたのですが、 AWAが料金体系を見直してフル尺が聞けなくなってからSpotifyに浮気していました。

自分がユーザとして使っているアプリに携われる。というだけでも十分な理由ですが、「AWAがどういうプロセスを経て 今のようなサービス体系になったのか」を聞いてみたくて今回のインターンを選びました。 (実はインターン始まる前にこの話は聞かせてもらいました)

AWAでやったこ

iOSチームでAWAのサービス開発に携わらせてもらいました。

  • 新機能の開発
  • 機能改修
  • バグ修正
  • ビルド速度の向上(調査)

など、GitHubのissueベースで業務を担当させてもらいました。

f:id:n_atmark:20171022014845p:plain

よかったこ

プロダクトにガンガンコミットできました。短いインターン期間ながら、スピード感を持って業務に取り組めたので良かったです。
実務に携わることで、環境や仕事内容を知ることができ、将来の見通しを持つことができました。

課題だと思ったこ

自分の「巻き込む力」がまだまだ足りないと感じることがありました。

チーム開発を行う上で、デザイナーやプロダクトオーナーと議論することは、プロダクトの方向性を決めるために必要不可欠で、インターンといえど、その部分に力を注げなかったのは課題だと感じました。

また、コードレビューで指摘される点がコピペに起因するものが多く、もう少し気を使えるようにならないといけないと感じました。

メンターさんからも「自走できるエンジニア」を目指して頑張って欲しい。と言っていただき、自分の行動を振り返りながら次の行動に繋げられるようになるべきだと思いました。

収穫できたこ

AWAiOSチームでは週1で「コミット振り返り」という時間を設けて、1週間で発生したコミットをチームメンバー全員で確認する作業を行なっていました。
プルリクエストの段階でコードレビューしていないメンバーの目も入ることで、全員がコードに責任を持つことができ、開発を共通認識 できるため、すごく参考になりました。

実際に、僕が出したプルリクエストでマージされたものが、コミット振り返りの段階で別のエンジニアから指摘が入りリバートした事例もあったため、コードの品質を担保するのに有効な手段だと感じています。

インターン中の出来事

f:id:n_atmark:20171022020630p:plain f:id:n_atmark:20171022020635p:plain

インターン期間中に約16時間の緊急メンテナンスを伴う障害が発生しました。 サービス開始して2年経つAWAですが、この規模の大規模メンテナンスは初めてだそうです。 サブスクリプション型のサービスのため、メンテナンスでサービスを止めてしまうことはもちろん致命傷で、 ユーザからの反響も大きかったのを覚えています。

ただ、障害が起きて終わりという対応ではなく、次に同じような障害が起きないような対策や、 仮に起きてしまった場合に障害を軽減するような取り組みを、かなり細かいレベルで考えていたのが印象的でした。
障害から得た教訓を大事にしているところも参考にしたいと思いました。

まとめ

  • AWAでのインターンはチーム開発におけるチームワークが如何に大切なのかが分かりました
  • コード品質がすごく高く感じました!
  • インターン期間中に大規模障害が発生したのは貴重な経験でした

f:id:n_atmark:20171022015223j:plain 最終日には、社員みなさんに集まっていただいて集合写真を撮っていただいたり、 f:id:n_atmark:20171022015234j:plain 寄せ書きまで書いてもらえました!

人事の方にお願いして、iOSインターン生 + iOSエンジニアの呑み会も開いてもらえました! f:id:n_atmark:20171022022501j:plain 手のバツ印はXcodeポーズらしいです!

インターンとても楽しかったです!!! 🎉

スカラシップスポンサー枠でiOSDCに参加してきました!(後編)

9/15(金)~9/17(日)の3日間、早稲田大学で開催されたiOSDC Japan2017に参加してきたので、そのまとめ記事(後編)になります!

 

前編はこちら↓

natmark.hateblo.jp

後編では、Day2+番外編という形で書いていこうと思います!

 

Day2

オープニング

f:id:n_atmark:20170921222835j:plain Day2でも例のスポンサー紹介が!!!
(例のスポンサー紹介の話は前編に書きました!)

Day2セッション

Day2は以下のセッションを聴きに行きました!

  • 新しい画像フォーマットHEIFを用いたiOSアプリの通信量削減
  • 結婚式を支えた技術 Firebaseを活用したサーバレスiOSアプリケーション開発
  • App Transport Securityは作れる
  • コード生成による静的なDependency Injection
  • iOSバイス3,500台を管理する、東急ハンズのデバイス管理手法とは
  • iOSエンジニアのためのNLP基礎
  • iOS人工知能(AI) -GPU並列演算の仕組みと機械学習
  • 詳解Objective-C
  • Introducing protobuf in Swift

2日目はギークトークが多かった気がしてます…!

個人的には@TamaObject12 さんの「新しい画像フォーマットHEIFを用いたiOSアプリの通信量削減」が興味深かったです!
HEIFというフォーマットについて知らなかったのでそれだけでも驚きでしたが、HEIFのエンコードがA10チップ積んだiOS端末でしかできないため、
iPhone48台でクラスタ組んでサイレントプッシュでエンコーディング&サーバアップロードを行う構築が奇抜すぎてめっちゃ笑いましたw

1回でいいからiPhoneクラスタやってみたい。

あと、@yhirose741さんの「詳解Objective-C」を聴きに行きました。

Objective-Cが恋しかったんです…。

そのセッションで紹介されていた「僕のかんがえた最強のObjective-C」というのがあるのですが…

#define let __auto_type const
#define var __auto_type

これはズルいでしょ…こんなの笑うしかないじゃない…

お昼ご飯

Day1とDay2ではランチも振舞われました!

f:id:n_atmark:20170919000849j:plain サンドウィッチ美味しかったです!余った分はおかわりOKだったので、たくさん食べました🌮 f:id:n_atmark:20170921184524j:plain

ブース&同人誌

f:id:n_atmark:20170921184713j:plain 企業のブース展示もありました!
実際にプロダクトのデモを見せてもらえたり、VRでオフィスツアーができるデバイスが置いてあったり、楽しかったです!!

f:id:n_atmark:20170921184807j:plain CyberAgentさんのブースでは、アンケートコーナーがあって自分もシール貼ってきました💪

f:id:n_atmark:20170921185224j:plain また、企業ブースに並んで@es_kumagaiさんによる同人誌即売会が行われていました!
(カンファレンスで同人誌売ってるの珍しい気がする!?)

f:id:n_atmark:20170921184604j:plain 自分も一冊購入させていただきました😊

Day2 LT

Day2もLTでお酒が振舞われました!

Day2のLTは@hironyticさんの
「地方在住iOSエンジニアの生存戦略」が 「めっちゃ分かる。。。」って感じでした。 speakerdeck.com 自分も北海道函館市在住で、情報のキャッチアップに苦戦しつつ文句言っててもしょうがないな…
って思うことが結構あるので、自分なりに工夫してたりします。
自分はconnpassに上がってる勉強会の資料とか目を通すようにしてます。swtwsも毎回楽しみです。

エンディング

エンディングで、参加者の投票によって選ばれたベストトーク賞の発表がありました!

f:id:n_atmark:20170921224221j:plain

おめでとうございます!

最後に実行委員長の@tomzohさんから
「iOSDC = 文化祭のような存在」になって欲しい! との言葉が!

iOSDCの中でも
・iOSDCのトークは「講義」ではなく「双方向コミュニケーション」
・リアクションは3割増し!
・質問・Ask the Speakerなどでフィードバック!
パックマンルール
・ブログを書くまでがiOSDC!
など、コミュニケーションを活発化させる仕組みがたくさんあり、 参加者も発表者もスタッフもスポンサーも一緒になって作るカンファレンスを身を持って実感できました!

すごく楽しかったので、自分も来年はCfP出したい!!

帰宅

f:id:n_atmark:20170921230035j:plain スタッフの皆さんとハイタッチしながら退場! お疲れ様でした!!

番外編

グッズ!

f:id:n_atmark:20170921230409j:plain ノベルティが結構豊富で、企業ブースでもいろいろもらえました!

特に、 f:id:n_atmark:20170921230524j:plain 普段使いできるトートバッグ!おしゃれ〜〜!!

メンターさんと再開

iOSDCで元インターン先のメンターさんたちと再開できたのめっちゃ嬉しかったです。

ラーメン連れてってもらいました🍜

「あとむさん寝坊したんですか?」

自分のアプリを宣伝したら…

めっちゃ嬉しい

まさかのAndroid版開発決定…!?


以上、iOSDCレポでした!! 前後編に渡って見てくださった方ありがとうございます!

スカラシップスポンサー枠でiOSDCに参加してきました!(前編)

f:id:n_atmark:20170918201359j:plain

9/15(金)~9/17(日)の3日間、早稲田大学で開催されたiOSDC Japan2017に参加してきたので、そのまとめ記事(前編)になります!iwillblog!

iosdc.jp

  今回、Wantedlyさんが募集していた学生応援プログラムに採択され、スカラシップスポンサー枠で参加させていただきました!

www.wantedly.com

iOSDCとは

2016年から始まった、iOSと周辺技術を題材としたカンファレンスです。 今年は2日+前夜祭の2.5日で開催されました!

前夜祭

f:id:n_atmark:20170918202815j:plain

会場につくと、受付スタッフの方々が迎え入れしてくれました!

チケットを受付で提示して、ネームホルダーとTシャツとノベルティを受け取ります。 f:id:n_atmark:20170918230056j:plain

(ノベルティもめちゃくちゃおしゃれなので後で紹介します!)

f:id:n_atmark:20170918203424j:plain 受付を済ませたら、メイン会場へ!

実行委員長の @tomzoh さんの挨拶でiOSDC前夜祭開始!

前夜祭のタイムライン

前夜祭では

  • SiriKit and Me
  • Objective-C++を使ってMRCで快適に開発する
  • Swaggerで始めるAPI定義管理とコードジェネレート
  • 節子、それViewControllerやない…、FatViewControllerや…。

の4つのセッションが行われました!前夜祭から濃い内容で楽しかったです!

swagger-codegen がすでにSwift4対応してるのが驚きだったので、特に印象的でした

(全体のタイムテーブルはこちらから↓) iosdc.jp

Day1

Day1は朝10時からオープニング! 昨日、「朝一からきてくださいね〜」というアナウンスもあり、朝一から参加されてる方がほとんど!

www.youtube.com

そして、良さげなOPムービーと共にDay1開始!

 「なるほど、これを参加者の人たちに観て欲しかったんだな(ふむふむ)」

と思っていたら…
続いてスポンサー紹介の動画が…

ハッ!?(゜゜;)

www.youtube.com

なんとスポンサー紹介のナレーションが、エヴァミサトさんの声じゃないですか!運営さん頑張りすぎ!!!

来年は誰がナレーションなんだろう…(((o(゚∀゚)o)))

Day1セッション

自分は以下のセッションを聴きに行きました!

  • Auto Layoutのアルゴリズム
  • インタラクティブ画面遷移の実践的解説
  • Build high performance and maintainable UI library
  • RxSwiftのObservableとは何か
  • SwiftとKotlin
  • Xcode Source Editor Extensionの世界
  • はじめてのSwift Server API
  • Swiftで実装するHTML特殊文字の高速処理

2日目は特に @53ningen さんの「RxSwiftのObservableとは何か」が分かりやすくて、今までなんとなく使ってた部分が(ちょっと)理解できました!

@eduraaa さんの「SwiftとKotlin」も面白くて、今までKotlinはSwiftに似た言語ぐらいの温度感だったので、SwiftとKotlinの似てるところ、違うところが分かってKotlinに親近感が持てました◎ そのうちKotlin書いてみよっと😉

Day1 LT

f:id:n_atmark:20170919001913j:plain

お酒が振舞われて、LT会!

カンファレンスを下から見たり横から見たり、 英語圏TeXを「てふ」って呼ばないことに驚いたり、 IPAファイルの中身覗きたくなりました👍

Day1 懇親会

f:id:n_atmark:20170919002615j:plain 懇親会チケットもおしゃれ…!

1日目の最後に懇親会がありました! f:id:n_atmark:20170921181106j:plain

パックマンルールという制度のおかげで、30人くらいの方とお話させていただけました!

Wantedlyのステッカー貼っていたので、「学生さんですか〜?」と話しかけていただけたのもよかったです…!!

そしてそして、インターンの時のメンターさんたちに話かけにいくと、皆さん覚えててくださったのがすごく嬉しかったです😂

あと、懇親会のご飯美味しかったです(写真撮り忘れ)
懇親会のビールも美味しかったらしいです(僕はビール飲めない)

そしてそして…

Day2も楽しむぞ〜!ということで、前編は以上になります。

後編ではDay2+番外編でブログ書かせていただきますので、ぜひそちらもご覧になっていただければ幸いです!

natmark.hateblo.jp