読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iMacでApp Storeに接続できなくなった時の話

今回は、僕のサブ機(?)のiMacApp Storeに繋がらなくなった時の話をしようと思います。

 

大学に進学するのと同時に買ったiMac

普段はMacBookProを使っているので、完全なるサブ機です。

(ガッツリコーディングしたりする時に使うよ!)

 

先月のWWDC*1で、OS X向けの次世代OSであるEi Capitanが発表されました。

いち早く新OSを試したい僕は、iMacにEi CapitanのBeta版を入れたのですが、これが事の発端でした。

 

本来ならば、Beta版のOSを入れる時にバックアップをとっておくのが好ましいのですが、僕の場合データはすべてクラウド上に置いていたので、

iMacのデータ吹っ飛んでもまぁいいか(笑」という安易な考えで、バックアップなしでアップグレードしたのでした、、、

 

1ヶ月後。。。

「そろそろ放置してたアップデートするかなぁ〜〜〜」

App Storeに接続できません」

 

ここで僕はある事を悟りました。

 

ーバックアップとってない

ーダウングレードできない

ーアップデートできない

 

「もしかして:詰み...?」

 

これは

「なんとかしてApp Storeに接続する」

「初期化する」

の2択なのでは...

 

とりあえずここに書いてある事を実践してみるも...

support.apple.com

繋がらない

 

 

これはどうしたものか...と悩みつつ

なんとなくセーフモードでMacを起動してみる...

 

繋がらない

(デスヨネー)

 

とりあえず、インターネットには繋がっているので、App Storeに問題があるはず!と思い、システム環境設定のApp Storeを開くと...

アップデートを自動的に認識->OS Xアップデートをインストール

という項目があり...んんっ!?!?

となった僕。

 

藁にすがる思いで、これをチェックしてみる。

そして再起動してみる。

 

・・・

 

繋がったあああああああああ!!

 

 

 

*1:Worldwide Developers Conference(ワールドワイド デベロッパーズ カンファレンス、略称:WWDC)とはアップルが毎年開催している開発者向けイベントである。