読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wantedlyの短期インターンに行って来ました!

3/27-3/31の5日間、ウォンテッドリー株式会社(http://site.wantedly.com)にインターンに行ってきました!

2月にWantedlyにオフィス訪問に行った時に「春休み時間あったらインターンおいでよ!」と言っていただけたので、予定が空いていた3月最後の1週間だけインターンの申し込みをしたところ、快く受け入れていただけました。

Wantedlyでは WHYWHAT というキーワードを大事にされているので、それに沿ってインターン体験談を書いてみようと思います。

WHY

もともとWantedlyのサービス(https://www.wantedly.com/)をよく使っていて、Wantedlyの「シゴトでココロ踊ろう」という企業理念にすごく興味がありました。

Wantedlyに掲載されている企業のページを見ると、「面白そうだな!」とか、「楽しそうだな!」と思うことが自分自身たくさんあって、仕事に対して「楽しい!」と思えるようなプラットフォームを提供しているWantedlyに行って見たい!と思っていました。

WHAT

今回、Wantedly People(https://p.wantedly.com/)というアプリのiOSプロジェクトにジョインさせていただきました。

f:id:n_atmark:20170331232714j:plain

僕も愛用しているサービスで、カメラで名刺を撮影すると名刺を自動認識して、名刺に書かれている名前やメールアドレスなどの情報を自動で書き出してくれます。

さらに読み込んだ名刺の情報がWantedly上にアカウントのあるユーザの情報と一致すれば、Wantedly上のアカウントとの紐付けまで行ってくれます。

HOW

GitHubのissueベースで業務を経験させていただきました。

そういえば、WantedlyではGitHubでのコミュニケーションを積極的に行なっているそうです。ビジネス職の方もGitHubを使うというので驚きです。 www.wantedly.com

メンターさんに、対応してほしいissueを指示していただいたので、


GitHubのissueに実装の方針を記載

[WIP]でPRを作成。Reviewerにメンターさんを追加

実装をしてメンターさんにレビューを依頼

コードレビューしていただいた箇所で、修正必要箇所を修正して再commit&push


という手順で開発を進めました。

やったこと

新機能の追加や、パフォーマンスの改善といったことを行いました。

Wantedly PeopleではRxSwift + MVVMという設計が行われていて、 普段MVCでの開発ばかりだったので、ソースを理解するのにかなり苦戦しました。
Wantedly Peopleがたどり着いたアーキテクチャ // Speaker Deck

インターンの初日はRxSwiftの講習会からしていただけました。リアクティブプログラミングやアーキテクチャなどもしっかり勉強しないといけないなぁ…と実感しました。

感想

  • 今回、メンターの @shingt さんにすごく丁寧にコードレビューしていただけました。レビューの習慣は大事にしたいと思いました。

  • Issueの立て方やPRの作り方などもすごく勉強になりました。GitHubベースでプロジェクトが進むので、すごく作業しやすかったです。

  • 愛用しているWantedly Peopleのプロジェクトに携わることができて、貴重な体験ができました。

f:id:n_atmark:20170331235832p:plain

f:id:n_atmark:20170331235840p:plain

f:id:n_atmark:20170407185631p:plain

www.wantedly.com

あとがき

今回のインターン期間中、赤坂のカプセルホテルに泊まってました。

初めてのカプセルホテルだったのですが、圧倒的外国人率に驚きました。

3回くらい外国の方と英語で話す機会があって、ホテルに泊まっているだけで国際交流できてしまいました。笑

ネイティブの方と英語で話しができて、結構楽しかったのでまたカプセルホテル泊まってみようかなぁ…と思いました